【暗号通貨】持つなら「ビットコイン」なのか「ノアコイン」なのか?

ニュース

【暗号通貨】持つなら「ビットコイン」なのか「ノアコイン」なのか?

2017年暗号通貨が熱くなってきました。暗号通貨の代表「ビットコイン」は
今年に入り約2倍になりました。半年で2倍になった現実をどう判断するかは
あなた次第ですが今暗号通貨界が熱を帯びてきてるのは確かです。
「ビットコイン」の問題点をすべてクリアし、今年最大の注目が「ノアコイン」。

今現在では、暗号通貨の中でもダントツの人気と価値をもつ
ビットコインではありますが、すこし問題点があります。
では、ビットコインの問題点とは?

次に挙げる3つがビットコインの問題点と言われています。

出典 http://仮想通貨情報局.com

①決済完了までに平均10分程度かかる

ネットワークが合意して受け取ったビットコインを使えるようになるまでに、平均10分ほど時間がかかる。数秒で決済が完了するノアコイン(NOAH COIN)に比べると遅い。

またスケーラビリティの問題でブロックサイズの制限により、ビットコインの取引が1日で最大604,800取引までしか処理できないため取引の遅延が発生する。
1秒間に最大7取引しかできないが、既に1秒間に5取引が行われている。

②プロモーション、インフラ整備を行う運営元が存在しない。

ビットコインの周辺サービスや広告を主体的に行う運営元が存在しないため、一般のユーザーには全く普及していない。また不正なブロックを監視するためのノードを立ち上げるユーザーは、ネットワークの分散化に協力しようとする人たちによるボランティアであり減少方向にある。

③非常に多くの電力を消費して、環境破壊に繋がっている。

中国のマイニング工場では月8万ドル(約1,000万)の電気代が発生。
(現在消費されている電気代は年間およそ1,000億円)

などの問題をかかえています。

「ノアコイン」はビットコインの問題点をすべてクリアしたうえに
なんと”複利”で、ここはすごく重要なのでも2度いいいいます。
”複利””複利”で増えていきます。それも初年度20%が”複利”で
ついてきます。今の日本の銀行利息からすると考えれないことです。

これだけでも「ノアコイン」を持つ意味があると思います。

ノアコインについては色々な情報が発信されているので
詳しいことを知りたい方は、おススメのサイトがありますので
参考になさってください。

1

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ